« 車両用純正LEDライトの実験 | トップページ | バーゲンセールがやってくる »

2019年11月24日 (日)

スマホ粉砕処理

Broken
壊れたスマホを処分しました
  
でもちょっとやばかったです・・・

この週末は土日とも雨模様。天気さえ良ければ猟に山にと行きたいところもあったのですが終日インドア派に転向しておりました。おかげで工作がはかどること。

以前にガラスとデジタイザを割ってしまったスマホのXperia Z3 compactですが再生はあきらめて処分することにしました。スマホも今は簡単に処分できないこのご時世。ちゃんと電池を分離して粉砕処理します。データを消したくてもタッチパネルが死んでいるので粉砕するしかない。これで抜けるものなら抜いてみな状態にしました。破壊って男の本能を少しばかりくすぐるところもありますね。問題は内臓のリチウムイオン電池・・・

Blowbatt
二次電池であるリチウムイオン電池を本体から分離しようとしてドライバーの先端が電池に刺さってしまった。およ?っと思ったら煙が吹いてきた。こりゃやばいと思って直ぐに引き抜いたがドライバーの先端部が溶けておりましたよ。リチウムイオン電池恐るべし。これが過去マスコミ報道されていた電池火災の源なのですね。

煙と匂いは直ぐに収まったけど電池温度がなかなか冷めない。こりゃやばいかなと寝る前に金属容器に密閉して玄関土間に置いておきました。この電池は水につけるのもご法度らしい。お外は結構な雨なので屋外に出すこともできなかった。

幸い朝には熱も引いていたので端子部分と穴部分に電工テープを巻いて電気屋さんの電池リサイクルボックスに持って行きましょう。皆さんもお気を付けを・・・
ってリチウムイオン電池にドライバーを刺すようお方はそうそういないですよね。

« 車両用純正LEDライトの実験 | トップページ | バーゲンセールがやってくる »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車両用純正LEDライトの実験 | トップページ | バーゲンセールがやってくる »