« 第34回宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい | トップページ | 謹賀新年 2020 »

2019年12月29日 (日)

今年も獲れない予感

Kamoike1 
なんだかさっぱりしてしまいました
  
今年もダメっぽい予感満載です

11月15日より本県の猟期に入ってからというものまったく獲物とは縁がありません。暖冬ということもありますが里山で木々の葉が落ちておらず渡りの鴨もめっきり少なくなって鳥インフルに皆やられてしまったのではないかと思うほどこも減っています。

年末大掃除を切り抜けて渡りの鴨のベンチマークとなる銃猟禁止区域の用水池へ行ってみました。いつもだったらマガモ、ヒドリガモ、キンクロ、ホシハジロ、オナガガモついでにカルガモとカモ類のオンパレードとなるここも、池の真ん中にある小島を伐採して丸裸にされたせいかきれいに居なくなっていました。

Kamoike0
付近はキャベツをはじめとする野菜畑が広がっていますが、鴨は食べるものが無くなるとキャベツなどの葉物をつつくと聞く。鴨も害鳥的な扱いになってしまったのだろうか。隠れ家を失って鵜以外はまったくいませんでした。

なににつけても鳥が薄いです。あまり世間では話題になっていませんが2016年位からどこの猟場でも水が引くようにいなくなっています。本県ではヨツアシ以外はこの先ダメかもしれません。美味しいキジが食卓を飾る日は戻ってくるのか・・・

« 第34回宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい | トップページ | 謹賀新年 2020 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第34回宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい | トップページ | 謹賀新年 2020 »