« 今年の雪はどうでしょうかね | トップページ | FIT3ヘッドライトASSY光軸調整器修理 »

2019年12月10日 (火)

カレーライスは庶民の味方

Goodcurry1

 至高のボリュームを求めて

コストパーフォーマンスの究極はいずこに

スキーついでに・・・

ゲレ食の王道と言えばカレーライス。どこにでもあるし比較的安価で腹にたまり、直ぐにパワーになりそうな気もする定番ですよね。過去強く印象に残っているのは五竜とおみスキー場のとおみゲレンデ中腹にあった500円のエベレストカレー。強烈な存在感を持ったカレーでしたが2018年シーズンより店を畳んでしまい思い出と化してしまいました。

550curry1

範囲をスキー場近辺の立ち寄り湯の食事施設まで広げると、長野県長和町にあるやすらぎの湯にあるお座敷食堂のカレーライスが上の画像のようにまたすごい。いままでの500円からちょっと上がってしまって550円になってしまったがこの盛りがまた強烈。そもそもここのカレーライスには大盛というメニューは無く、注文カウンター越しに「大盛りでお願いします」と頼み、威勢よく「あいよ」とおばちゃんが答えてくれるとこんな感じで出てくる。お皿がお盆からはみ出しております。

スキー場とは無縁だが富士五湖の山中湖近くにあるなんでも大盛りの店「おおもり」の500洗面器カレーも強烈だったが、お味は上記の550円カレーの方がはるかに上回る。作り置きのルーが無くなってくると煮込みながら足しているのか味に深みがあって、食べ進んでも飽きないのはすばらしい。過去3度ほどいただいているが、外れが無く安定のお味がよろしいところ。

今やなかなかの希少種ではありますがきりの良い500円カレーってなんだかロマンを感じさせるものがありますね。庶民の味方としてぜひ存続していただきたいものです。

 

« 今年の雪はどうでしょうかね | トップページ | FIT3ヘッドライトASSY光軸調整器修理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の雪はどうでしょうかね | トップページ | FIT3ヘッドライトASSY光軸調整器修理 »