« 以前は99円でした | トップページ | root いらないかも(タブレット編) »

2020年5月25日 (月)

まるで車上ねらい

Glassbreak2

まるで車上狙いに会ったようです
  
けっこうビビリましたです

ごく普通に、普通の速度で国道を走っていていきなり運転席側のドアガラスがドンという音と共に粉々に割れました。いやぁ一瞬何事が起こったのかと思いましたよ。少し走行してコンビニの駐車場へ入れさせてもらって110番。事故処理扱いをしてくれましたが、今時はすぐにおまわりさんがドラレコの確認をするのですね。ドラレコからWiFiでスマホに飛ばして見せてあげました。ただ被害が側面のため正面を撮っているドラレコには何もそれらしいものは写っていない・・・

対向車からの石跳ねだと思うのですがどの車からはねたのかは記録されていないので特定のしようがないんですよね。残念ですが泣き寝入りするしかありません。それでも不幸中の幸いだったのは事故処理で車を止めた隣が自動車ガラス屋さんだったこと。速攻で移動して見てもらったら5万円弱の見積額。痛い出費ですが選択肢は無いのでそのままお願いして車を預けてきました。

車ガラス屋さんいわく車の窓ガラスはフロントを除いて粉々に砕ける構造なのだそうですね。人畜に被害は無くガラスだけで済んだので今回は運が悪かったと諦めます。皆様もお気をつけを・・・

« 以前は99円でした | トップページ | root いらないかも(タブレット編) »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの更新ですね。お元気そうで何よりです。
けっこうあるんですねガラスの破損。かみさんの愛車フロントも、ダンプとすれ違いの時のやられました。合わせガラスの外側のみ貫通、中のフィルムで辛うじて小石を止めました。25万です。ケガがなかっただけめっけものです。
ついでにカメラを付けました。ほんとの後付です。
道路の小石を跳ねた相手の車をもし特定できてもおそらく、過失無し、ということで賠償は難しい鴨。
楽しみにしてますよ。更新

クラウドさん、お久しぶりです。お変わりは有りませんか。
自分は腐ってはいますが元気にやっております。

そうですか奥様の愛車も災難でしたね。お怪我がなくてなによりです。やっぱりフロントガラスは高いですねぇ。車ガラス屋さんいわく、今時の自動車はフロントガラスに衝突安全機能のセンサーやらプリントアンテナやらが付いているのでとってもお高いのだとか。

私の場合はサイドの窓だったのでまだお安く済みました。精算時に1割おまけしてもらえたので助かりましたよ。飛び散ったガラスの破片をクリーニングしてくれたので前より床がきれいになってしまいました。

ドラレコも必需品になりましたね。事故処理のおまわりさんが直ぐにドラレコの映像を確認させろときたのにはちょっと意外でした。
奥様の車もこれで安心ですね。欲を言えば前方、後方、車内が記録できるものがやはり欲しいです。私の車は前だけしか映らないので決め手に欠けました。

神奈川県の非常事態宣言もやっと解除され徐々に日常に戻っていくことを期待します。早くお山に行けるようにならないとお腹にお肉が付いてしまいそうです。

今後とも鴨のきもちをよろしくです。

あちゃ~
やられましたね。
私も経験有りますが、前を走る2トンダンプの積み荷の石が落ちてカラスが割れた時は弁償して貰いました。しかし前を走る軽乗用車のタイヤに挟まってた小石が飛んでガラスに傷が付いた時は弁償して貰えませんでした。自分の目で見たので軽自動車を止めて住所、氏名を聞いて補償をすると言わせたのですが、保険屋に知恵を与えられて証拠が無いから弁償しないと言って来ました。腹が立って自宅に石でもぶつけに行こうかと思いましたよ~
ホント災難でしたね。

花の五六八さん、

やられました。残念ながら記録してあるドラレコのメモリーカードを自宅へ持って帰り、目を皿のようにして見直しましたが、それっぽいものはなにも記録されていませんでした。音だけは豪快に記録していましたが・・・ 

法人のダンプなどはしっかりと保険に入っているので話が早そうですが、一般の人は知恵をもらうと面倒くさいことになりそうですね。前方を走る車の跳ね石には普通のドラレコでも証拠能力を発揮しそうですが、サイド窓ではどうにもなりませんでした。

前、車内、後ろ記録がやっぱり理想です。次なる改造目標ができました。

非常事態宣言が解除されて動きやすくはなっていますが、未だ県外には行きにくい状況ですよね。そちらの具合はいかがですか。当方フラストレーションがだいぶ溜まってきて精神衛生上良くないので、ここらでちょっとお出かけしたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 以前は99円でした | トップページ | root いらないかも(タブレット編) »