« 桜咲く | トップページ | ホテルランチでつかの間の幸福 »

2021年4月 1日 (木)

オロナミンセーキを作る

Oro1

伝説のドリンクです

試しに作ってみました

いにしえの昔より継続生産されている大塚製薬製の清涼飲料水オロナミンC。まぁ歴史もあるドリンクなのでどなたも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。
その昔に大村崑がやっていたTVCMが印象深い。このCMの中で、「おかぁさんは卵の黄身でオロナミンセーキ」というくだりがあった。

その当時がきんちょだった私にとってこのドリンクを飲める機会というのは大変希少なチャンスでもあった。当時はビールみたいに王冠の蓋だった記憶がある。この魅惑的で貴重な飲み物を最後の一滴たりとも残さぬ勢いでその時には飲んでいたのですな。小さなボトルに大人の世界観を感じたものです。

そのため、卵の黄身などという理解を超える混ぜ物をしてみようなどとは爪の先ほども考えたことは無かった。でもTVで宣伝するくらいだからよっぽど美味しいのかなとの疑問は何十年にも渡って持ち続けていたのであります。

カミさんが特売で見つけたオロナミンCをワンケース買ってきた。願っても無いチャンス到来。積年の疑問に応えるべく伝説のオロナミンセーキを作ってみようと考えました。

Kimi

CMの講釈だと卵の黄身にポイントアウトをしているので白身を混ぜてはいけないみたい。黄身だけを分離しオロナミンCに加える。

Mix

ミキサーなんて我が家には無いので泡立て器でかき混ぜます。せっかく炭酸が効いているのに吹っ飛んでしまうのがもったいない気もしますが、しっかり混ぜないとやばいぜ的なオーラをひしひしと感じますね。氷を入れて完成。

Finished_20210401203401

調味はせずにまずちょいと飲んでみる。なんと、これが意外にいける。オリジナルの酸味と甘みが卵の黄身で消されてじつにマイルドな雰囲気。まずかったらレモン汁やハチミツを加えて調整しようと思っていましたがそのままで十分にいけました。白身はしっかり抜くのがこつかな。焼酎などで割ってもいいかも。
セーキとは英語のシェイクから来ていて混ぜ物って意味ですから別に卵の黄身でなくても可なのでしょうね。まだ在庫があるのでFibyオリジナルセーキでも作ってみますかね。

長年の疑念が晴れました。オロナインもといオロナミンセーキいいっすよっ。

« 桜咲く | トップページ | ホテルランチでつかの間の幸福 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜咲く | トップページ | ホテルランチでつかの間の幸福 »