« 6月の富士登山 2021 | トップページ | コンデジかスマホカメラか »

2021年6月19日 (土)

500円モバイルバッテリーは買いか

Chargers
これは買いです
  
100均の底力を感じます

500円メスティンに続き500円シリーズの次なるターゲットはモバイルバッテリーです。今時はこんな便利なスマホ用充電バッテリーが安価に出回っていてうれしい限りです。100均で現在入手できるモバイルバッテリーは4000mAh、5000mAh、10000mAhなどがありますがさすがに100円というわけにはいかず前者2つは500円、1万アンペアアワーの高容量品は1000円で売られています。ダイソーなどで売っている1000円品も評判がいいですがいかんせん重くて大きい。224gもあってお山に持っていくには考えてしまう重さ。その点値段と容量は半分だけど118gで済む当商品は選ぶ余地がある。それにも増してこのモバイルバッテリーが優れているのは以下の部分になる。

2.1A急速充電対応(4000mAh型は1Aの通常充電)
出力端子3ポート同時使用ができる(使わないけど)
ポートにUSB-Cがあり充放電兼用(ケーブル1種類で済む)
充電用に専用microUSBポートも持っている(地味に便利)

上記は4000mAhモデルにはないメリットとなる。実はこの500円商品はヨドバシカメラで倍の価格を付けて売られている。もちろんパッケージは箱入りとなり保証も付いてくるという差はあります。選別品を高く売るみたいなケースも考えられますが、こんなバッテリー商品を試験選別なんぞするだけコスト高になるので両者中身は同じものと推測。ここは値段で選びたいところです。今回はカミさんの分も含めて2個購入の大人買いです。

Charging
試しに充電してみましたがちゃんと急速充電モードに入っています。(認識されませんとスクリーンに出ているのは顔認証のことね)私の端末は充電電流が1.5A以上流れないと急速充電と認識しませんのでそこそこ電流は流れているようです。未だにmicroUSBを充電ポートに使っているモバイルバッテリーが多い中、USB-Cをポートに持っているだけでも大きな価値があると思う。PSE認証も通っているしメーカーHPによるとショート、過充電、過放電、過電流、加熱防止の安全装置も内蔵。上等です。

5000mAhとは言っても3.7V内蔵リチウムイオン電池の容量。5Vに換算すると3250mAhとなる。今時のスマホでは1回満充電にできるかなっていう容量ですな。所詮出先で使うモバイルバッテリーですので1回充電できれば用は足りるという向きには価格と携帯性を考えるといい選択肢になります。以前に300円のモバイルバッテリーを山の非常用に持っていたけど、こいつは後釜にちょうどいい。

店頭では4000mAhものと併売されているケースが多く、このタイプは速攻で先に売れてしまうようです。私もけっこう各店で探しました。100均ショップで見かけましたら是非ゲットされることをお勧めします。

« 6月の富士登山 2021 | トップページ | コンデジかスマホカメラか »

GPS・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月の富士登山 2021 | トップページ | コンデジかスマホカメラか »