« XV異音対策 | トップページ | てっぽ担いで里山歩き »

2021年11月28日 (日)

猟期が始まりました

Calibration2
狩猟の季節が始まりました
 
いまひとつ勢いに欠けてま

11月15日から今期の猟期が始まりました。仲間は初日からタツマ猟で山に入り鹿だシシだと豊猟だそうで景気の良い話を聞かせてくれています。
わたくしはというと・・・狩猟者登録の代行申請をお願いした銃砲店の手違いのため解禁日に登録証が届いていないというアクシデントに見舞われた。もうしょっぱなから意気消沈。店から今年は早くとせかされて9月に申し込んだのにがっかりです。

狩猟者たるもの解禁日は意地でも山に入れと言われ、まだ狩猟鳥獣の警戒心が緩いこの期に勝負するのが通例。今期はどうにもなりませんでした。

数日遅れて登録証が届きましたがどうもモチベーションが上がらない。とりあえずエアライフルのエア充てんと照準調整を兼ねて射撃場へ行ってきました。10mで下調整。次は猟野で50m調整です。

今年は食卓に獲物が上がるのだろうか・・・

« XV異音対策 | トップページ | てっぽ担いで里山歩き »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

Fibyさんおひさしぶりです。
今年も11月15日から狩猟が解禁に成りました。
解禁日は日ノ出時刻頃はすやすや寝ていました。
携帯電話で呼び出されたら、鉄砲持って撃ちに行くパターンで
11月は猪が6頭と熊が1頭位だったかな?もう数えるのやめました。
今年は罠猟の新人が2人新規に分会に入りました。
一人はこの辺では有名な「割烹新多久」の板前さんです。
試しに一回、猪の解体に連れて行ったのですが、まあまあって感じでした。
もう一人は皮も剥げないし、骨も外せない戦力外です。
いつも私と支部長は特上の背ロース、モモ肉、ヒレ肉を持って帰って来ます。
部落の区長さんや、罠を掛けた人は、肩肉等を分けてやれば喜んで持って帰ります。
11月30日に捕った猪の肉がパーシャルに入れて落ち着かせて居るので、明日あたり
に冷凍しようかと思います。熊の肉も2日前まで有ったのですが、お向かいさんの人に
あげてしまいました。
冷凍したら、特上の背ロースとモモ肉をクール冷凍便「時間指定18時~20時」で送ります。

花の五六八さん、

しばらくでございます。お元気でしたか?なかなか今シーズンも好調のようですね。
仲間も言っていましたが、昨シーズンはハンターがほとんど山に入っていなかったために鹿もシシも増えてしまい今シーズンは豊富になっているとのことでした。

私は鹿しか剥いだことがないのですがシシは腹を傷付けずに皮をはぐのが難しそうです。
減る一方のハンターですがそちらでは増えているのですね。地域での需要も強いものがあるのでしょうね。
私もタツマの組に入れと強く誘われているのですが、毎週はさすがに行けないし部金もけっこう取られるのでちょっと考えてしまってます。

なんとシシを送って下さるのですか?毎度申し訳なく思いますが嬉しいです。今年の正月はシシ鍋だな。首を長くしてお待ち申し上げております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« XV異音対策 | トップページ | てっぽ担いで里山歩き »