« LEDカーゴランプを追加(仕上げ編) | トップページ | ライチョウへ会いに立山 »

2022年5月21日 (土)

XVダッシュボード内の異音対策

Grille1
どうもこの辺がくさい
  
騒がしい音の原因を探ります

我が家の唯一無二の自家用車であるスバルXV。いいくるまではあるのですが1年半を超えるあたりから場所は不明なるも助手席前のダッシュボードから助手席ドアに至るあたりからカタカタと硬いものが震えるような音が連続して出てくるようになった。当初は気にならないレベルでしたが、ここしばらくは暖かくなったせいかけっこう耳障りな頻度になってきた。週末時間もできたので徹底的に検証します。

最初にあたりを付けた助手席ドアの内部。でもドアライニングを外してドアロックワイヤーなど怪しいところを対策しても効果が無かったのでここは無罪。ナビの配線やカプラーなどを調べるもそれらしい感じはない。よし空調グリルを外してみよう。

Grille2
こやつはパネル剥がしのリムーバーなどを使わなくても隙間に爪の先を突っ込んでやれば比較的簡単に外れる。

Inside_20220521171301

グリルを外してみるとレインフォースメントバーと呼ばれる車体剛性を高める補強パイプが現れる。さすがスバル、いい仕事をしています。ちなみに英語ではReinforcement なのでリインフォースメントと読むのが正しいと思うのだけれど誰が最初に名前を付けたのでしょうね。この開口部から手を突っ込んであちこちまさぐって異音の原因となるそれらしいところはないか調べます。

Dumper1

わかりました。グローブボックスにはゆっくり開くようにするエアダンパーが装着されているのですが、こいつの支持部がぐらぐらでした。手で揺らすとそれっぽい音が出る。ビンゴです。

Dumper2 Dumper3

取り外してみるとダンパーは支点が2か所あってダッシュボードとグローブボックスの双方を繋いでいますが、使用しているうちにギャップが広がってグラつくようになってしまったのでしょう。車両の振動で揺れるとダンパー自体が軽いので振れて連続した音がカタカタと出る。いい仕事をしているわりには詰めが甘いぞスバル。
ダンパーを外した状態で試走してみるときれいに耳障りな音が消えました。意外に原因は身近なところに。なにやかにやと手間は食いましたが・・・

Tenaoshiさてこの部分どうしてくれましょう。自分でやるのなら支持点のシャフト径に合う平ワッシャやフェルトワッシャなどを使ってガタを無くすことが思い付くけども、こんなケースが他にも頻発しているのならメーカーで対策品が用意されている場合があります。自分でいじくるのもなんだかくやしいのでまずは購入ディーラーさんで聞いてみるかな。原因特定の記念にしばらくダンパー無しで過ごしてみます。これが無くてもグローブボックスを開ける時に景気よく開くだけのことなので大勢には影響は無し。

高度に規格化された工業製品である自動車も、やっぱり当たりはずれで色々な問題が出てきます。そんなのを自前で手当するのも趣味のうちと考えるとだいぶ楽しませてもらっていることになりますかね。スバルさんには感謝しないといけないかも。

追記:XVの異音対策総集編を作りました。興味にある方はこの記事を参照して下さい。

« LEDカーゴランプを追加(仕上げ編) | トップページ | ライチョウへ会いに立山 »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントします。自分のXVは、よっぽど舗装が整っている道路では異音が発生「しませんが、走行時はほぼ常時ダッシュボード付近からカタカタ小刻みな異音がします。おそらく同様の要因なのかな~と思います。私も自分で対応するのはアレなのでディーラーに持ち込もうかと思います。Fibyさんはもうディーラーで改善できましたでしょうか?

XV2018さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

2018年式というとB型かC型ですかね。ユーザーさんからコメントいただき嬉しいです。
異音発生でお悩みとのこと。この手の音ってやっかいですよね。ダッシュ付近から出るコツコツ音などはレクサスでも出るそうですから運みたいなものもあります。気にしだすと耳に付くのでやっぱり直したいですよね。

異音対策で重要なのはとにもかくにもどこから出ている音なのかを特定するのが先決です。音の発生頻度が高いのならディーラーに持ち込み、サービスマンに同乗してもらい音を聞かせるのがもっとも手っ取り速いです。多くのサービスマンはケーススタディを重ねて経験値がありますので実際の音を聞いてもらえれば話が速いです。場所が特定できていない状態でディーラーに預けると彼らも手探りで音源を探すことになり難しい一面があります。ただ2018年登録でしたらすでに3年以上を経過して一般保証が切れているので有償を覚悟しないといけないかもですね。

私も車をいじくり始めてからニッサン、トヨタ、三菱、スズキ、ホンダそしてスバル車と乗り継ぎ、だいぶ様子が分かってきたので出来ることは自分でやろうと対策しています。この記事のグローブボックスダンパー部もフェルトワッシャを1枚挟んであげてそれだけで治りました。だいたいの異音対策なんて発生場所さえ分かれば簡単に対処できるケースがほとんどです。場所の特定が仕事の9割と言っても過言でないかもです。

自分で経験したりみんカラ等の情報サイトなどで聞き及んだXVのダッシュボード周り異音原因はこのブログ記事の件以外に以下があると思います。

1,アイサイトカバー端部がFガラスに干渉してカタカタ鳴る
2,ナビ用カプラーの遊び
3,グローブボックス下部のエアコン熱交換器を隠すアンダーガードカバーのがた付き

XV2018さんの場合「走行時はほぼ常時ダッシュボード付近からカタカタ小刻みな異音がします」とのことですので1が臭いですね。これはアイサイトを装備したスバル車の持病みたいなものでして、私のE型などではあらかじめカバー端部に加工が施してありましたよ。

カタカタ音がしている最中に左手でアイサイトカバーのフロントガラスに近いあたりを押さえてみてください。音が止まればビンゴです。ご自身でアイサイトカバーを外すスキルが有るのならば加工は簡単です。ガラスに当たる箇所を軽く削ったりクッションとなるノリ付きスポンジや不織紙テープなどでをくれてやれば完了です。

三代目XV初期型ユーザーの中ではクレームでアイサイトカバーを対策品に交換してもらったという人もいるので、もし原因がここだと特定できたのならディーラーに相談してみるといいかもですね。

以上参考になりましたでしょうか。同じXVユーザーとしてこの先機会がありましたらぜひ情報交換などよろしくです。

とてもわかりやすい御返答ありがとうございます。妻に運転してもらってアイサイトカバーや他の箇所を助手席で突き詰めてみます!自分は2台目レガシー以来のスバル車なのですがやっぱりスバルは良いも悪いも不器、且つ自社のポリシーをしっかり持っている素晴らしいメーカーだなと思いながら乗ってます。ありがとうございました!

XV2018さん、
そうですか、生粋のスバリストでいらっしゃるのですね。私のようなにわかとは大違いです。レガシーもいい車ですよね。私はその昔レオーネツーリングワゴンの見積りを見て諦め、他社になびいてから初めてのスバル車です。

>自社のポリシーをしっかり持っている素晴らしいメーカーだなと思いながら乗ってます。

おっしゃるとおりと思います。ものづくりに対する姿勢は内装の組付けを見るとよくわかります。私が見てきた中でコストカットで手を抜いているように見えたのがトヨタとスズキです。スバルはハイブリッドなどのコアテクノロジーではトヨタにかないませんが、質感の高さは独特ですよね。

お役に立てるかはわかりませんがまたなにか気になることが有りましたら聞いて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LEDカーゴランプを追加(仕上げ編) | トップページ | ライチョウへ会いに立山 »