« スナフキンマグ | トップページ | 海外通販と商品品質 »

2022年7月28日 (木)

富士山でトレラン

Pants
初めて富士山を走りました
  
意外にいいかも

富士山は現在登山のレギュラーシーズン中です。昨年に引き続き毎日多くの方が登山に訪れて活況を呈しているようです。基本7月8月の富士山はお休みのわたくしですが、そういえば走って登ったことは無かったなと気付き試してみることにしました。

どこも岩ごつごつや砂ザクザクの富士山公式4登山道の中でも、吉田口の馬返から六合目までは比較的歩きやすかった。富士山トレランデビューは吉田口ということで。
コロナ禍でメジャーなお山に出掛けられなくなり近所の低山で始めたトレイルランニングですが、おっさんにも意外に楽しめるということが分かってきました。でも富士山で通用するかはまったくの未知数。

Uma

朝の馬返です。吉田口は久しぶり。ここで標高1430m程、目指す六合目は2430mほどになりますので標高差1000m、往復12Kmほどのトレランになります。登山者も多い時期ですので対向の登山者に止まって道を譲る等、煙たがられないように配慮する必要があります。登山者とトレイルランナーはスキーヤーとスノーボーダーみたいなもの。目的は同じでも似て非なるものなんですよね。
ちなみにここ吉田口登山道馬返からのルートでお会いした7割ほどの方は走る人たちで登山者よりずっと多い。皆さん考えることはご一緒のようで・・・

Ichigou

一合目鈴原天照大神社を通過。この吉田口馬返しからのルートは多くの歴史的遺構が残っており走っていても変化があって楽しいところ。

Nigou

二合目富士御室浅間神社跡です。建物の損傷が激しいですが、富士周辺の神社としては移転済みとは言え最古のものなのだそうです。

Sangou

三合目三軒茶屋もかなり小屋が崩れています。この辺までは足元も良くいいペースで走ってこられました。

Gogou

四合目に現存する建物は無く五合目に井上小屋があります。ここで標高2150mくらいですから五合と言うにはちと低いかな。現在も営業する五合目佐藤小屋と六合目星観荘以外では最後まで営業していたと聞きます。

佐藤小屋、星観荘を過ぎ富士スバルライン五合目から来る登山道や山頂からの下山道と交差する十字路に到着。ここが今回の目的地。思ったよりすんなり来られました。この足の疲労具合だったらこのまま山頂まで行けそうな気がする。これは次回のお楽しみとします。肝心の富士山はガスって見えませんね。

Rokugou_20220728111801

登山協力金の徴収員の方が馬返しから登ってくる人を狙っています。20m位離れたところで岩に座って一服していたのですが、ちょこちょここちらの様子をうかがっていて、走って抜けようとしてもタダでは通させないぞというオーラを感じましたね。次回山頂へ向かうときにはお支払いいたしますので。

Ouma

お馬さんもいます。ここからスバルライン五合目まで引馬で1万円だそうです。下山の最後で力尽きた人にはありがたい存在かも。

登山届のとおりに標高2630mのここででUターン。帰りは勢いが付いているのでやはり靴裏の薄いシューズでは石ころなどを踏むとけっこう来る。下山は足の置き場を注意しながら走る必要があるということが分かりました。

いい年こいてトレイルランニングなんぞ始めるとは自分でも意外です。山を走るなんてのはアスリートと呼ばれる自分とは次元の異なる人の世界なのだと長く思い込んでいました。シューズにコンプレッションタイツ、ハーフパンツで最低限の装備を背負い、どうせ汗びっしょりなので多少の雨でも気にもしない。こんな山の楽しみ方もあるんだなと目覚めました。

Trerun

馬返ゼロ合目から六合目までトレラン初心者らしくちんたら走っても登り2時間、下り1時間しか掛からないとはやはり歩くのとは違います。次の富士山はトレランで山頂まで行ってみたい。馬返しから山頂へ登山装備で登ったのは10年前のことだった。新たな目標ができました。

« スナフキンマグ | トップページ | 海外通販と商品品質 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スナフキンマグ | トップページ | 海外通販と商品品質 »